FC2ブログ

アンドロイドの携帯スマホ・タブレット向けアプリ開発日記

Androidの携帯スマホ向けアプリを作っているYuiYamaがアプリを作った意図、経緯を説明します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のやり方は、本に書いてある通りなので、なぜインストールが出来ないのかは、私には分からない。ならば、違う本を探すしかない。

いつも壁にぶつかると頼ったのはネットで本の検索です。あったあった。すぐに本屋さんに直行。

10分後には自宅で、勉強開始。本は4冊目で投資金額は9,240円に。1個100円で売っても、グーグルが3割の手数料を引くので、手元には70円。いつになったら、元が取れるか心配になったが、前進するしかない。

今回も本の後半にある、公開方法から読み始めた。公開前に手を加えた分解、編集、合体は以前は必要だったが、今はそのまま公開出来るようになっていた。

1年前の本と発行したばかりの本で、こんなに進歩したのかと、ビックリしました。あと無駄な事をしてたんだ。

新しい本の指示に従い、アプリの原本はそのままで再公開と思いましたが、また苦情のメールが来ると困るので息子のスマホで実験。すると、このボタンを押すと、リセットされたり、リプレイするには?とか、いろいろユーザー側の意見を言ってくれて、アプリの手直しに1週間でした。

来週は再公開の話です。皆さん、良い週末を!
スポンサーサイト
いよいよマーケットにデビューを果たし、これまでを振り返って涙が出るほど、感激しました。おじさんの無謀な挑戦が形になり、お小遣いが入ってくる。こんなに嬉しい事は今年4月の長男の結婚式以来だ。

このゲームは私の趣味でもある、ナンバーズの数字を簡単に選択するゲームです。今までに63個が売れました。買ってくれた人からの高額当選のメールは、ありませんが是非当たって欲しいです。

平日の毎日、ネットでPM6:45からライブ放映してる会場の雰囲気を再現してみました。アイディアを形にするには、画像処理と音の編集技術が必要ですが、少し勉強すれば誰にでも出来ると思います。

Google playに公開して2日目に1個、翌日にまた1個売れ順調な滑り出しだ。しかしG-mailが2通届いて、「インストールが出来ません。方法を教えて下さい。」でした。

あれ?これはまずい。いっぱい売れたら、苦情だらけのメールでは恥さらしだ。まずは公開の一時停止をしなくては。zipalignが悪かったか原因はともかく、購入者に迷惑が掛かっては申し訳ない、と思い確かに動くapkファイルの原本をメールで送り、まずは切り抜けられました。

明日は公開再開までの苦戦の10日間です。

ナンバーズ
Google playに公開するには、デベロッパー名を決めなくてはならない。でも会社ではないし、本名での出品も恥ずかしいので、Yui Yamaに決め再度、登録開始。

やっぱり1日半も変化の無い画面を見ながら結果は「グーグルによりキャンセルされました。」でした。たぶんタイムアウトだと思い再々度、同じ作業。これで4.5日の足踏み状態。

4回目のキャンセルで、これはまた私のミスだと感じ、クレジットカード会社に確認するが、異常なし。でもカード会社に登録してある電話番号が自宅だった。え~?これかよ。思い直して5回目の挑戦。

やっとの思いで、登録完了でした。合計6日間のロスタイムでした。

ここまで来るのに約2ヶ月半の遠い道のりでした。公開するにはファイルにアイコンを追加して、スクリーンショットの画像を作り、いよいよ公開が完了しました。ここまで辿り着いた自分に、大拍手でした。

明日は、購入者からの苦情メールで、血の気が引いた話です。




Eclipseで作ったアプリは、そのまま公開できるがAppInventorは変換しないと無理のようだ。本の支持通りに、コマンドプロンプトを起動し、ファイルの分解だ。

順調に行ってるのか分からないが、まあ良いのであろう。もう意味が分からなくての作業も慣れてきた。分解、編集、合体を完了。次は電子証明書の作成だ。これもマーケットに出品するには必要な作業。cmdの黒い画面で、老眼鏡は必須アイテムだ。

パスワード、登録デベロッパー名、キーストアなど次の画面に行く前に、しっかり書き止め作業終了。

zipalignは、おまじないのような物、と書いてあるのでチチンプイと全て終わった。

さてデベロッパー登録まで来て、頂上が見えてきた。さっき書き止めておいたのが役に立って、すらすら入力。登録には25$をクレジットカード決済で、グーグルに支払う。

登録には数時間から数日。本の著者は送信してから完了まで、半日かかった、と書いてあったので長期戦を覚悟して、パソコンの設定をキー操作が無くても、スタンバイにならいように変更して送信~

6時間、12時間、24時間経っても画面は送信した時の状態だ。あれ、またか?でもこの状態は戻れない。我慢してパソコン作業は何も出来ない。するとグーグルよりキャンセルのメッセージ。何?最後のクレジットカードが承認されなかったようだ。

長くなりそうなので、また明日。
昨日のジャパンカップは、当たりましたか?私はダメでした。しかしWin5の1レース目は最下位人気の馬を買ってたので、ドキドキしました。2レース目で撃沈でしたが。

本題のシステム環境の編集ですが、20年近いパソコンの経験があっても、初めての領域です。コマンドプロンプトの画面で、入力するのは勇気が要りました。

間違った操作をすると元には戻らないな、と思いながら、その通りに4~5回のフォーマットでした。PATHの編集は何回やっても、本にある完了の画面にはなりません。しかたなく筆者の所属の出版社にメールで質問を送り、返事待ちです。

「しばらく時間がかかる場合があります。」と返事は来ましたが、ただ何もしないで待っているのも暇だし、自分なりに繰り返しやってみたら、やっと完了の画面に到達しました。これも何も私が悪うごぜーました。筆者と出版社の皆さん、大変、申し訳ありませんでした。

この苦労は、やってみた事のある人だけが味わった、苦い経験です。

明日はいよいよ、出品に向けてファイルの変換作業を書きます。

三連休の初日は、あいにくの天気で残念ですね。

私は今日も明日も仕事なので、雨は落ち着きます。

昨夜、11個目のアプリが完成し、公開しました。下手な鉄砲も数打ちゃ当たる作戦です。

これは、発案から公開まで2日でした。過去の経験で1ヶ月を要して完成させたアプリが1個しか売れてません。いくら手間をかけても、ユーザーが興味を持ち、お金を払ってでも欲しくなるような物を、作らなければ商売にはならないな、と感じました。

このアイディアの話も後日、書きます。土曜、日曜は良い天気の予報なので、思い切り楽しんで下さい。




完成したアプリをPlayストアに公開する準備に、到達しました。

1冊目の本で勉強した手順が出て来て、JDK、Android SDKをすんなりインストール。7-Zip、apktoolでつまずき開始です。

本の支持する文章をいい加減に読んだのが悪いのか、うまく行きません。絵の赤い数字を信じて進めるが、なんか変です。日頃、家電の取り扱い説明書や、ゲームの遊び方、パソコンで注意事項など、ちゃんと読まずに始める癖がついていて、これは老眼鏡をかけ、しっかり読まなくては。

これは間違いなく絵がダメで文章の通り実行したら、正解でした。本の作者も発刊してから気がついたと思います。私の本は本の間違いと、陥りやすい部署を赤線でマークしてあるので、良い参考書になると思います。

しかし圧縮してあるapktoolを解凍し、CドライブのAndroidフォルダにコピーが出来ず、四苦八苦。ここでまた一日、足踏み状態でした。

寝てる時に、ふとパソコンの初歩でドラッグ&ドロップというコピー方法を思い出し翌日やったら大正解でした。しかし怖い事が待っていました。

PATHの設定です。これが最初にやる項目だったら、ギブアップでした。
次回はシステムの環境変数のPATH編集です。今、思い出しても鳥肌が立ちます。

皆さん、良い三連休を。
ナンバーズは月曜日から金曜日まで、毎日が抽選日で最高の10万円を当てたい人はナンバーズ3で、100万円なら4です。私は当選金額が50万円位のナンバーズ4のセットで、1組の4桁の数字を5回連続で購入しています。

本題のアプリ作りですが、2冊目の本にはサイコロを回転させるサンプルアプリが載っていて、これはナンバーズに進化できるな、と思い購入した。

サイコロの面は6面だが、ナンバーズの風車は10の数字。サンプルを完成させ、あとはサンプルをヒントに構想を膨らませ、風車の画像作り。過去に組合の新聞作りをやってたお陰で、JPEG,gif,pngなど慣れている作業です。

風車の周りを透明にするにはpngで、作りました。しかし風車は千、百、十、一の位がそれぞれ並び方が違います。マーケットに公開してお金を貰う都合があるので(まだ早いかな?)実物を忠実に再現するには、大変な労力でした。

この作業は見栄えが気になり、試行錯誤の1週間でした。あれ?これは工夫すればロトにも使えるな、と私の才能にビックリしました。

次回は、これなら公開まではあと少しだと思ったら、パソコンを何度もフォーマットする1ヶ月間の奮闘記です。




ナンバーズ
次に作り始めたサンプルアプリは、Web検索を音声入力で、ネットにつなげるアプリです。

ブロックの組み立ても慣れてきて、半日で2個のアプリが完成し、インストールも完璧だ。

タブレットを家のWiFiに接続して、いざ起動。音声でマイクに向かい、検索開始。自動でネットに接続し命令した品物が検索出来ました。

次はGPS機能を使用したアプリもなんなく完成。しかし家の外はWiFiの圏外になり、思うように実験出来ず息子のスマホにメールで送り、確かめてもらいました。

いよいよ私もスマートフォンデビューか?あれ?まだ今年の4月に普通の3G携帯に機種変更したばかり。違約金を払うのも悔しいし、こういう時は息子に外注と決めました。

次はいよいよ、ナンバーズゲームのヒントを発見です。


家族全員が競馬好きなので、昨日は天気も良いし、東京競馬場に行って来ました。結果は聞かないで下さい。

過去にWin5を5回、当ててるので(7千円~22万円)Androidで予想する、アプリも考え中ですが、いっぱい売れると私の配当が安くなるので、完成しても出品しないかも?

さて、先週はApp Inventorで作ったアプリが公開出来ない話でしたね。それからネットで調べたら、公開方法を書いてある本を発見。3回目の本屋さんで購入した。

2冊目が読み終わってないのに、すでに本代だけで6,720円で元が取れるのか心配になってきました。2~3千円だったら、と始めた挑戦が時間とお金の浪費だけに終わったら、笑っちゃいますよね。

3冊目の最後のほうから読み始め、公開出来る事を確認した上で、2冊目に戻りアプリ作りを再開しました。

私と同じような人がいたら、是非投稿して下さい。

今日もキャリーオーバー中のロト6の抽選日ですよ。
4億円の当選者の方、おめでとうございます。私のロト6とナンバーズ4は、かすりもせず惨敗でした。でも1等の該当者が1人だったので3億2千万円のキャリーオーバーなので、来週の月曜日も頑張ります。

App Inventorは順調な滑り出しで、そう遠くない時期にグーグルプレイに公開して、小遣い稼ぎが出来るな、と思いせっせと作業を進めていました。

私と同じような人がいるか調べてたら、前に紹介した「すみませ~ん」の人のブログで、App Inventorで作ったアプリはGoogle Play に公開は出来ない、と書いてあり2冊目の本にも公開方法は一切触れてありません。だったら趣味だけで終わりだよな。またまたガガ~ンです。

こんな繰り返しが、まだまだいっぱいです。


ナンバーズ
毎週2回の抽選があるロト6が、2回連続で該当者なしで4億3千万円弱の、キャリーオーバー発生中。今日が抽選日です。
早速自分の作ったアプリで数字を選択し、千円で5口買って来ました。私のアプリ(ゲーム)を買っていただいた、現在164人の誰かが当たってくれたら嬉しいです。当選者が3人でも2億円、2人だったら4億円のチャンスですよ。
そうそう、App Inventorの話でしたね。
これまたパソコンの開発環境の設定だが、本の発行時点では存在していたと思われるアドレスが無く、探すこと半日、日本App Inventorユーザー会のホームページにはお世話になりました。ありがとうございました。
まずは基本操作の勉強で、単純尚且つ理解するのが楽で、この作業はEclipseではあの作業だな、と余裕で進み第一歩のテストアプリは完成した。実機テスト及びパソコンにapk(アプリのファイル形式)をダウンロードして、タブレットにファイルを転送した。
USBケーブルをはずし、さて動くかどうか?恐る恐るインストール。起動させたら本の通りの画面になり、ボタンを押したら、画面が変わり大成功!
周りを見回し誰も居ないのを確認したうえで、何回目かの拍手でした。チャンチャン。


loto.png

私の作品
まだ梅雨中で雨の降る中、傘をさし2度目の本屋さんへ行く。
前回とは違いターゲットをApp Inventorに絞ったら3冊だったので、10分の検討で決定に至った。
1ヶ月半前に夢と希望を抱いてスタートして、高い壁にぶつかり自分の無能さを知り、挫折と絶望を味わってから、わずか1日。ここでも立ち直りの早い私に拍手でした。
こんなに簡単なアプリ作りのツールがあったんだ。ただ、今まで苦戦をしながら、アルファベットの入力作業をしてきたからこそ簡単だと思えるんだ、と実感しました。
次回は、作業内容を書きます。


私の作ったアプリ
最初はスマートフォン向けのアプリを作って、小遣い稼ぎをしようと思い、ネットで検索。
失業中の青年が「おならアプリ」を作り高収入を得て、今はアプリ制作会社を経営してる話を読み感動しました。
ただ、その人は学生時代にプログラムの勉強をしてたようで、私には無理かな?とは思いながらの挑戦でした。
Eclipseを断念したが諦めきれず今度は、やはりネットでボタンを押すと「すみません~」と声の出るだけのアプリを作った人の記事を読み、複雑な作業や特殊技術ではなく、アイディアだなと思いました。しかしそのアプリは自分しか買われなかったようです。
色々調べたら遂にApp Inventorに出会いました。
面倒なメソッド入力は必要なく、これなら私にも出来そうだと思い、2度目の本屋さんに行く。
きっかけは私の趣味である、ロトとナンバーズの購入時に、いつも迷うので簡単で悩まず楽しく数字を選択するゲームを作りたいのが夢でした。この構想を現実の物にしたい一心で再スタートです。


私の作品
1ヶ月が長かったか短かったのか、梅雨時で趣味の自転車にも乗れず、黙々とパソコンと、にらめっこの日々でした。
おじさんの無謀な挑戦だったのかも知れませんが、チャレンジしただけ偉いな、と自分を褒めてやりたいです。
運動不足もたたって、腰痛+体重増。ここで本を封印し、雨の日はフラフープで汗を流し、梅雨明け後は自転車でダイエットを再開しようと決意した。頭の運動から、体の運動へシフトチェンジです。
これで終わりでは、ありません。次号は希望に満ちた、おじさんに変身です。


私の作ったアプリ
持っているタブレットのUSBドライバをインストールして、実機テストも完了しEclipseの、お勉強です。
本の言っている意味は理解出来なくても、やっているうちに分かると思い、ただひたすらサンプルアプリのアルファベットの入力作業。ふむふむと、一人でうなずきながら、動いた~
登山で高い山を征服したような(登った事はありません)気分でした。一日一つのサンプルを作る目標だったが、だんだん複雑になり「i」だか「l」だか「1」、「q」だか「9」、「0」だか「o」だか「O」だか「0」まあ私みたいな読者もいるのだから、カタカナで「アイの半角」とか「エルの半角」「数字のいち」などと、書いてあると無駄が省けて、いいと思いました。「そんな低レベルのおっさんは、やんじゃねーよ。」と言いたいのかもね。
15日間位で、全てのサンプルを制作したが動くアプリと、そうでないアプリで悩み再開。
そしてこの作業は旧型のロボットが、マニュアル通りに動かされてるだけだ。メソッドと呼ぶ英語を覚えられる事もなく、断念する時期が迫っていると実感した。また来週。皆さん、良い週末を。

私の作品
アプリを作るには、パソコンの環境を整える作業からスタートした。
Java開発環境(JDK)のインストールを完了させ、AndroidSDKのインストールを本の支持通り進めたが、パソコンが古いのか、なかなか終わらない。待つ事1時間。もう不安が芽生えて来た。
仕事もしなくてはいけないので、翌日へ。
次はEclipseのインストールだが自分のパソコンが64ビットなのかも知らず進めて行くが、なんとかクリア。仮想デバイス(AVD)を作成する。パソコン上にエミュレータという、アンドロイドスマートフォンが現れるはずが、5分経っても出て来ない。どこかで失敗だと判断し、昨日の作業は無駄になった。その作業の繰り返しは3日続き、ダウンロードアドレスは一々入力するのは面倒で、デスクトップにショートカットを作成した。
今度こそはと試したが、今回も無理のようだ。そこへ来客で30分の会話をして、部屋に戻りパソコンを見ると、エミュレータが出現していた。
なんだ、最初の設定で良かったんだ。ここで3日のロスでした。
まだまだ失敗が、いっぱいです。他人の不幸は蜜の味でしょう?
次号を、お楽しみに。
2012年5月、還暦まであと1年強となり、スマートフォンが主流となった時代に
アプリ作りに挑戦しようと思い、調査開始。ユーザー数で多いiPhone用にするか、
後発で途上のアンドロイドにするか、迷ったが東芝製のタブレットを持っていた事もあり、androidに決定。

まずは基礎知識の勉強をする為、本屋さんに行くが、どれを買ったらいいか迷う事30分。ぺらぺら、
ページめくりをしても、ちんぷんかんぷん。あの決意は何だったのか?このままで引き下がる訳にもいかず、
途中で放り投げても2~3千円で済むと思い、購入を覚悟する。

猿や中学生でも出来るタイトルの本は、出来なかった事を考えたら買えなかった。
Java、JDK、SDK、AVD、Eclipseなど初めて見る英語だらけの本だけど、
これなら出来なくて当たり前と思い購入決定。帰宅後、勉強開始。高校以来の勉強は
新鮮だったが楽しいとは、とても言えなかった。1ヶ月、時間があれば本とパソコンと老眼鏡は
必ず私の周辺にあった。

つづく

現在の私の作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。